フィルエリちゃんジュテーム
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新年のご挨拶とインテのSP | top | スパコミお知らせ >>

サクラ大戦巴里花組ショウ2014〜ケセラセラ・パリ〜感想文


2/13の初日から16日の千秋楽まで全公演行ってまいりました。
本当に素晴らしいショウでした!
せっかく全部見て来たんだから日替わりの内容メモとか、ちゃんとした感想レポとかから書こうかと思ってたんですけど今日の昼間めっちゃブワーッと来てしまって熱くtwitterで語ってしまった内容について、先にこっちででもまとめておこうと思います…りらっくま的なくま

続きはネタバレを含みますのでショウ未鑑賞の方はお気を付けくださいませ。
※ただし9割以上フィルさんのことしか話していません※

今回のケセラセラでは前回以上にハイパーパワーアップした可愛いフィルさんと激昂したフィルさんと心折れかけてる弱弱しいお声がたまらんかったフィルさんを拝見できたので本当にもう盛りだくさんすぎました……
普段クールに見せかけておいて感情の起伏が激しいとかほんと大好物です…しかもそれが全部いいお声なんだもん……たまんないよ……しぬ……フィルさんほんっといい声……SUKI……
 

ほんとシゾー様を一喝したフィルさんかっこよすぎて痺れたしその後の「あなたは泣く子も黙る怪人シゾー様なのですよ」「こんな目に遇わされて悔しくはないのですか!」って絞り出すように声震わして迫るのには胸が打たれたよ…
不甲斐ないシゾー様への苛立ちとかシゾー様をこんな目に遭わせたロベリアへの怒りとか何もできなかった自分自身への焦燥感とか何故わかってくれないのかっていうもどかしさとか色々ないまぜになった感情の爆発を見せられて私はもう、どうしたらいいのか…
その流れを受けてからのラストの「ウサギ…私達はどうしたらいいんです?」だもん……あの震えた声の弱々しさと縋るような目ですよ……ほんともう…ほんとあれあかん……あかんやつや……
広樹さん熱演すぎて言葉がないよ…
アイデンティティーと自己の存在理由に苦悩するフィルさんをこんな早々に見られるとは思ってなかったです…
…それもこれもウサギの奴めがシャノワールの連中と仲良しすぎるからだけどな!ヽ(;▽;)ノ フィルさん達もそりゃ立場ないわ!!!!!!
…なんかだんだん腹立ってきたからシゾー様のうさ耳ちょっとぶったぎってきてもいいですかりらっくま的なくま
今のぬるま湯生活はそれこそ真綿で首を絞められてるように感じるんだろうなあ…じわじわと緩慢に堕落して存在意義を失っていくようで耐えられないんだと思う。誇り高い人だし傷つくことに慣れてない(というか生まれたてなので初めて)だろうから余計に。いっそ潔く消えたいって。
しかしモンパリでは人間に悪しき心がある限り私達は消えないって言い切ってたのにこの心境の変化っぷり…ほんとシゾー様どんだけ白ウサギになっちゃってるの…お前もーーーちょっとフィルさん達に配慮してやれよ…ヽ(;▽;)ノ たまにはわるいことしようぜ!!!

孤独と淋しさから生まれた彼らの存在によってシゾー様の孤独が解消してしまうという矛盾が生じる訳なんだけど、他人を強く妬み蔑むことによって生まれる飢餓感、何をしても満たされない気持ちが生まれて孤独をまた感じるようになり、そうして彼らの存在理由が長らえるスパイラルなんじゃないかと。
ただ無闇に悪事をけしかけている訳じゃなくて、そうする必要があるんじゃないかなって思うの。
まーーーでもシゾー様の気持ちも分かるのよ…家族のことが嫌いな訳じゃないのよ、むしろ好きなんだけど、いやむしろ好きだから気も遣うし、たまには外でパーっと羽目外したくなる日もそりゃあるよ…キャバクラ行っちゃうお父さんと一緒なんだよ…そしたら超ぼったくりバーだったっていう\(^o^)/


あとダスさんにソッコー流されて超ちょろく見えちゃうフィルさんですが死者の詩にある「人は(中略)それ以上の意味を求める。愛だ家族だ良き人生をと。そして全てに裏切られる」というのとモンパリでフィルさん達が言ってた人は誰しも孤独である、何も期待しなければ裏切られる事はないっていう持論は根源に流れる考え方はとても似ていると思うのね。だからすんなり賛同できたんだと思う。決してただ長いものに巻かれただけじゃないんじゃないかなって。


ほんと「私達はどうしたらいいんです?」が遅効性の毒薬みたいにじわじわ来てる……(:3_ヽ)_あの震えた声が耳について離れない……胸がくるしい……(:3_ヽ)_
ほんとあそこいつもみたいにぷんぷん怒りながら言われたらそこまででも無かったんだけどさ……途方に暮れて縋るような目で言うんだもんな……ほんともう……ほんとあれ……迷子の子犬…いやそれ以上……
ちょっと誰か酒付き合ってください!!!!絡み酒になるけど!!!!!マスター、ちょっと聞いてよマスター〜って泣きつくよ…


敵がいないと生きていけない彼らにとって一番の敵は巴里花組であり、とりわけエリカは特別な存在であるわけで、何の遠慮も手加減も必要なく悪意と敵意をぶつけることが出来る存在で、一番憎い存在であると同時に必要不可欠な存在になってしまっているっていうエリカさんとフィルさんの話とか読みたい…
いつまでも通じ合えないし、ぶつかることしか出来ない不毛なスパイラルに見えるけど、通じ合えないことで実は救われていて、全部受け流して包み込んでくれるエリカさんの強さがあるからフィルさんもプライドを保っていられる、みたいなフィルエリっていう関係は前からつらつら考えてはいたんですが、今回ますます確信を持てた気がします。
シゾー様が想像していた以上に頼りないので!ヽ(;▽;)ノ仮想敵がいないとほんとフィルさんプライドを保ってらんなくなりそうでヽ(;▽;)ノ打倒クルクルポンだけを心の支えに精進していいのよフィルさん…めっちゃ図太いから手加減しなくて大丈夫だよ…
フィルエリちゃんの業の深さについて頬杖つきながら考えてる…


男のほうがね、つらいよね、色々めんどくさいプライドとかあるからね、生きづらいよね、いいのよフィルさんは今のままでいいんだよ、悪いこと考えてる時のフィルさんが一番生き生きしてて輝いててかっこいいですよ、っていう感じにフィルさんを全力で甘やかしてあげたい(抱負)
でも直接的な言葉でそんな風に言われたらフィルさんますます意固地になりそうなので色々めんどくさい(^-^)


結論:フィルさんかわいい


ほんとさーーーフィルさんとシゾー様の通じ合ってない感じがさーーーーーもどかしいんですよ……(:3_ヽ)_
シゾー様の言いたいことはわかるんですよ、俺様は俺様の好きなように生きるピョンよ、好きにさせてくれよ、でもお前ら居なくなったら俺様淋しくなっちゃうんだよ、わかれよ、っていう言い分ね。わかるんですよ。でもね、それだけじゃダメなんだよフィルさんにとってはーーー
息子としてはお父さんのカッコいい姿がね!見たいんですよ!立派な怪人であってほしいんですよ!仕事やめてきた!お前らと一緒にいる時間増やしたから寂しくないだろ!って言われても素直に喜べないんですよ息子としては……働く父の背中を誇りに思いたい息子の心をわかってあげてよお父さん…
シゾー様はもうちょっと父親としての自覚を持ってほしいっていうか産んだ責任を取ってちゃんと育ててあげてほしいです… (産んではいない)


昼からずっとフィルさんフィルさん言っててレーヌちゃんは違うんですかって言われそうだけど半分くらいは一緒だと思うけど半分くらいは違うんじゃないかって私は感じました…。そこは性格の違いというか息子と娘の違いというか、更に突っ込んで言うと男と女の性差による所が大きいんじゃないかなって。
例えばあの最初のシーン、レーヌちゃんは普通のテンションでしぞー様を普段通りけしかけてるように見えたけどフィルさんの怒り方は尋常じゃなかったし、ちらちらと温度差が見え隠れしてしまって。最後の「私たちはどうしたらいいのでしょう…?」のくだりもそう。
シゾー様がだらしないのも女(娘)の目から見たら「これだから男ってしょうがないわねー」って思って諦めつく部分もあるんだろうけど、息子からしたら同じ男だからこそ許せない部分譲れない部分があるんじゃないかなっていう。
温度差に関しては広樹さんが熱演しすぎなだけじゃってツッコまれると割とそうかもしれないのですが\(^o^)/
それを言っちゃうと身も蓋もないので違う解釈をしようとするとこうなるという…あくまで私個人の感じ方であり解釈なのでそれは違う!って言われたらそうかもねとしか言えないんだけど\(^o^)/


だからもう私はフィルさんが不憫で不憫でならないんですよ……(:3_ヽ)_幸せにしてあげたいんだけどフィルさんの一番の望みはシゾー様が泣く子も黙る怪人シゾー様として大暴れしてくれることなので私にはどうすることもできない(:3_ヽ)_
あのひと多分自分自身の幸せについてなんて考えるところにまで自我の成長が到っていないんじゃないかと思う。非常に純粋で未成熟ですよ見た目とは裏腹に。まだよちよち歩きなのに突然親離れしろって言うのは酷な話なんですよ…(:3_ヽ)_シゾー様はちゃんと産んだ責任と取って(以下略
フィルさんかわいい(号泣)
ほんとパンフの「くるくるぽんめに憎悪の鉄槌を!」ていうフィルさんのコメントが可愛すぎて涙で前が見えない…
フィルさんかわいい(号泣)


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


以上つぶやきまとめでした。
気持ち悪いくらい大量につぶやいてますね…なんだこれ…(^-^)
あんまりこっちのブログにちゃんとフィルさんのことを書いたことがない気がするのでブログしか見てない人はびっくりされるかもしれませんがここ1年の私の脳内は割とずっとこんな調子です…りらっくま的なくま
フィルエリはラブコメから業の深いシリアスまで何でもおいしいです。
最初の1年はあんまり重いシリアスを描けなかったので2年目の今年はぼちぼちそういう妄想も形にしていきたいです。


ちゃんとした感想は後日ニコニコ生放送のタイムシフトを見ながら箇条書きの形でまとめたいです。
そうそうついでにニコニコのページも貼っておきますね(堂々としたステマ)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv166533250
http://live.nicovideo.jp/watch/lv166533505

感想 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://f-club.jugem.jp/trackback/648
トラックバック

Category

Twitter

Special Link*


サクラ大戦巴里プチオンリー「巴里に恋して」
フィルブラン×エリカアンソロジー〜白馬の王子様〜
POPLS 紐育検索

Archives

Profile

Links

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Other