フィルエリちゃんジュテーム
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【SCC25】巴里恋お品書き | top | あけおめ2017&インテ >>

劇場版遊戯王を見てしまいました〜雑感まとめ編〜

大変遅くなりましたが巴里恋お疲れ様でした!
新刊や巴里花アクキーもおかげ様でたくさんの方にお手に取っていただきました(*´ω`*)ありがとうございます。

さてさて、今年のGWはスパコミの後にも巴里の楽屋があったり今ちょうどグラブルでサクラのコラボイベント開催中で急遽グラブってみたり割とサクラだけでも充実しているのですが、そこにとんでもない伏兵が現われて佳月さんはてんてこ舞いの日々です。

そう、遊戯王を見てしまったんです…
ネタバレせずに感想を語るのが無理!!!!!!となったので久々にブログに感想を投下しに参りました次第。
気持ち悪いくらい長くなりそうなので社長については別記事に分けることにしました……なのでこちらでは主に全般について語ろうと思います。

あ、でもその前に一つだけ。
原作を少しでも知ってる人は絶対絶対絶対に映画見てください!!!マジで!!!!

※以下めっちゃ映画ネタバレにつき、まだこれから映画を見るつもりの人はご注意ください。

もう始まってすぐ、あの懐かしい遊戯の家の店先と遊戯のじいちゃんが映った時点でウワアアアアア懐かしいいいいいいいいって破裂寸前。
変わらない懐かしさと、ちょっと進展してるんじゃない??!いつの間に??!?な杏子と遊戯の友達以上恋人未満ぷりの甘酸っぱさにヒューヒュー!したり本田君懐かしすぎるんじゃああああああああ相変わらず城之内君と悪友ぷりは健在なんですね悪ガキどもめカワイイいいいいいいいってなったり、そうだった獏良くんはモテモテ設定なんだった!とか思い出したりとにかく日常シーンが懐かしさに死す…
そして王様との最後の別れの回想シーンで改めてこの映画のヤバさに震え出す…
いやほんと、今の最高水準の激情版クオリティ作画で、遊戯王のあの感動のシーンを再現されるとは思ってなくて……ほんとふるえる……あの光の中へ完結していった王様の物語を再現されると……ふるえるしかないじゃない……
そして舞台挨拶で監督もオススメされてた、この回想から続く城之内君のセリフと表情がもう…
監督が言及された時「それな!!!」ってめっちゃ声に出して言いそうになりましたケンタッキー
あの懐かしむような、淋しさと愛おしさと友を労わる優しさの籠った城之内君の表情と声にぐっと来ました…
思えば杏子も城之内君や遊戯も三人ともまだ高校生なわけで。この子たちはまだ十代なのに大切な人との別れを 経験しているんだなあと。決して誰にも埋めることの出来ない喪失感を抱えたまま、何事もなかったかのように巡り続ける日常の中に戻っていって、前を向いて歩いて行って、それぞれの夢を見つけて新たな道へ旅立とうとしている。
本当に強い子たちだなあと思いました……だからこそ社長の姿がまた対照的な訳ですがそれについてはまた後ほど!社長について語りはじめると長いから!
そして社長と王様のデュエルですよ。
まず最初、歩いてる足元がアップで写った時点で「あああああああファラオだああああああああ」って分かるから凄いですよね…同じ体のはずなのに表と闇とで歩き方見ただけで違いが分かるのがしゅごい…
デュエルが始まったらもう、あの懐かしの音楽がフルオーケストラアレンジでめちゃくちゃカッコよくてもう鳥肌!!!!!!とんでもないド迫力映像と荘厳で勇壮な音楽で殴りかかってこられて既にノックアウト(;▽;)
ほんとあの作画あたまおかしい…
カードをドローしたりセットする動作の1つ1つが無駄なく完璧で美しくてカッコよすぎて……頭悪いのでデュエルの内容全然覚えられないんですけど、王様が何かのカードをセットする時だったか、完全に真横からのカメラアングルで映してる時の右手を振り上げてから下ろすまでの一連の腕の動きが本当に舞を舞ってるようで、躍動感あふれる王様の腕や腋の動きにもう毎回ふるえています……毎回ふるえてる割に内容覚えてなさすぎで絶対この説明で伝わらないのが情けないですが\(^o^)/(なんかあそこだけ妙にねっとりカメラが追ってるような気がするのは気のせいだろうか…)

社長と藍神君のデュエルがまた最高にカッコよくて死ぬ…
あの大量のブルーアイズが頭上にみっしり浮かんでるところの、本当に見てるこちらにも伝わってくる圧迫感というか威圧感と言うか絶望感がまず凄いというか…上手く言えないんですけど…
そしてそこからのオベリスクですよ!!!!!!!!!
オベリスクと社長が目と目で見つめ合ってるところ、めちゃめちゃ好きです……あの間が本当にたまらない……社長とオベリスクやっぱり両想いだった……社長の片思いじゃなかった……
そう言えばこれはネットで見かけてマジか!!って驚いた話なんですが、このシーンの前後で「13分」と「3分●●秒」ってワードが出てきますけど、あれストップウォッチで実際に測ってみた人によると本当にあのデュエルはほぼ13分だし、ショッピングモールの場面からほぼ3分後なんだそうです!SUGEEEEEEEEEE!
細部へのこだわりがやべえ…やべえよ……

城之内くんはほんと可愛かったですね…(◜◡‾)
夢に出てきた社長めっちゃ悪い顔してて最高(笑)でもやっぱり城之内くんと言えばあそこですよね…あの別次元から生還を果たしたシーン…
あの光の中で見た闇遊戯の後ろ姿ってバトルシティ編のですよね????時計も映ってたし……やっぱり城之内くんにとってバトルシティの思い出は特別なんだなああああああああ…って思うと読んでた当時のことを思い出して胸が…
城之内くんがデュエルしてくれなかったの確かに淋しいし残念だけど、なんかもう、これだけで胸いっぱいです……
城之内くん、大好きだ……
(映画見てから改めて十年ぶりくらいに原作読み返してこのシーンでやっぱりめっちゃ泣いた人)(初めて読んだ時も一番泣いたのここでした…)

あとは何と言っても表遊戯の優しさとカッコよさですよね…
リアルタイムで読んでた当時は表遊戯の優しさ=強さというのがよく分からなかったのですが(お子様脳)今ならすごくそれが分かります……間違いなく彼が作中で一番やさしくて強いです……
アテム降臨のシーンはほんと鳥肌が…あそこ一言も発さないのがまた……二人の遊戯が無言で頷き合うところ最高に好きです……二人に言葉は要らない感……
(逆に社長と王様だと言葉で煽り合うコミュニケーション必須なんだなって^^)(ほんと最初のデュエルの煽り合いの楽しそうなこと楽しそうなこと)(社長と同じテンションで煽り合いできる相手は王様しかいないんだろうなあ)(そりゃ冥界まで追いかけるよね☆)
でも表の遊戯と社長のタッグデュエルもすごく良かった…!借りを返さないと気が済まない社長Kawaii(*´ω`*)あそこ社長一人で戦おうとせずに遊戯に「戦う気力は残っているか」って声をかける所からも社長が遊戯を1人のデュエリストとして自分と共に戦える相手と認めたのが伝わって来ていいですよね…バトルシティでのタッグデュエルを思い出してにこにこしちゃう…(*´ω`*)

そしてエンディング…
卒業式、そして杏子の旅立ちに原作初期の思い出が甦ってブワーーッと……
社長の旅立ちについては別記事で書きます……が、社長の旅立ちと杏子の旅立ち、無関係なようでいてこれも絶妙にリンクしているなーと思いました。出たとこ勝負!とか社長にも言えることなので…(^-^)


取り留めなさすぎなので無理矢理終わります!
とにもかくにも、物凄い映画でした…
最近は何かとリバイバルブームだったり、色んな作品が二十周年を迎えていたりしますが、正直ここまでのクオリティと熱量で圧倒してくる新作をドン☆とぶつけてくる作品は他に無いのではないでしょうか。
サクラとか別作品のファンの視点からすると、めちゃくちゃ羨ましいです…(笑)
カードの人気が世界規模で今でも売り上げが凄いとか現在も派生シリーズとはいえアニメが続いているとか色々そういう後ろ盾があるとはいえ、それだけでこんな素晴らしい映画は作れないと思います。
原作者の高橋先生や、この映画の為に再集結したアニメスタッフさん達、声優さん達の凄まじいまでの愛と情熱とこだわりが無ければ実現しなかったものですよね。本当に。
私程度のライトなファンでさえ感動と衝撃に打ちのめされるのですから、本当にすごいと思います…
原作が完結して、そのアニメも終わって十年以上経ってから、こんな物凄い情熱を注いで続編を作ってくれるなんて遊戯王は本当に最高ですね……そして社長は映画でいよいよ究極進化を遂げてしまわれましたね……原作時点で充分アレだったのに今回の映画で本当にレジェンドになった気がします……
ではでは最後に総括をば。

劇場版遊戯王はいいぞ

〜社長、その愛〜編に続くりらっくま的なくま
感想 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://f-club.jugem.jp/trackback/658
トラックバック

Category

twitter

TweetsWind

Special Link*


サクラ大戦巴里プチオンリー「巴里に恋して」
フィルブラン×エリカアンソロジー〜白馬の王子様〜
POPLS 紐育検索

Archives

Profile

Links

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

RECOMMEND

Other